α遮断薬(降圧薬)の効果と効能について【高血圧症状と原因】
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

α遮断薬(高血圧降圧薬)

α遮断薬は、α作用(心臓の拍動とともに紳動脈の収縮も強めるはたらき)をたち切り、血液の通り道を広げて血圧を下げる薬です。血液中の中性脂肪や「悪玉」のLDLコレステロールを減らし、「善玉」のHDLコレステロールを増やす効果もあるので、高脂血症や糖尿病、腎臓病を合併しているケースでも用いられます。

α遮断薬の副作用

起立性低血圧/動博/足のむくみ/まれに失神

α遮断薬の種類

 

一般名  商品名
ウラピジル エブランチル
塩酸テラゾシン ハイトラシン、バソメット
塩酸ブナゾシン デタトシン、デタントール
塩酸プラゾシン イセプレス、ミニプレス

メシル酸ドキサゾシン

カルデナリン

交感神経受容体抑制薬

α遮断薬、β遮断薬のどちらも、「交感神経受容体抑制薬」とよばれている薬の仲間です。心臓の拍動を増やして血圧を上げるはたらきをβ作用、心臓の拍動とともに紳動脈の収縮も強めるはたらきをα作用とよんでいます。交感神経のα作用をブロックするはたらきをあわせもつ、αβ遮断薬という降庄薬もあります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ