ACE阻害薬(高血圧降圧薬)の効果と効能について【高血圧症状と原因】
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

ACE阻害薬(高血圧降圧薬)

降圧薬のACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素)のACE(アンジオテンシン)とは、細動脈を収縮させて血圧を上げる、ナトリウムをからだの中にとどめるようにする物質の名称です。この、アンジオテンシンIに、アンジオテンシン変換酵素とよばれる酵素がはたらきかけると、アンジオテンシンⅡに姿を変えます。
アンジオテンシンⅡは、血圧を上げる効果があり、アンジオテンシンⅡの血圧上昇効果、変換酵素の働きを邪魔して変身させないようにするのがACE阻害薬です。
利尿薬やカルシウム浩抗薬と組み合わせると、効き目が高まる特徴をもっています。

ACE阻害薬のおもな副作用

空咳/発疹/低血圧/立ちくらみ/めまい/頭痛/味覚障害/腎臓の働きが弱まる

ACE阻害薬の種類

 

一般名  商品名
アラセプリル セタプリル
塩酸イミダプリル タナトリル、ノバロック
塩酸キナプリル コナン
塩酸テモカプリル エースコール
塩酸デラプリル アデカット
塩酸ベナゼプリル チバセン
カプトプリル カプトリル
シラザプリル インヒベース
トランドラプリル オドリック、プレラン
ペリンドプリエルブミン コバシル
マレイン酸エナラプリル レニベース
リシノプリル ゼストリル、ロンゲス

※妊婦、あるいは腎臓病の人には用いることができません

スポンサードリンク

ページの先頭へ