中枢性交感神経抑制薬の効果と効能について【高血圧症状と原因】
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

中枢性交感神経抑制薬(高血圧降圧薬)

中枢性交感神経抑制薬とは交感神経のはたらきを抑えて血圧を下げる薬のひとつ

中枢性交感神経抑制薬は中枢神経に働きかけ、血圧を上げるホルモンがつくられる量を減らしたり、血管を広げることで血圧を下げる薬です。この薬は、妊娠中の高血圧や、ほかの降庄薬の効き目が不十分なときにあわせて用いられます。以前は、からだ全体にはりめぐらされた交感神経に直接はたらきかけて血圧を下げる末梢性交感神経抑制薬もありましたが、強い副作用のため、現在はほとんど使われていません。

おもな副作用

くちの渇き/疲労感/立ちくらみ/眠気

中枢性交感神経抑制薬の種類

 

一般名  商品名
塩酸グアンファシン エスタリック
塩酸クロニジン カタプレス
酢酸グアナベンズ ワイテンス
メチルドパ アルドメット、サンカイラー

スポンサードリンク

ページの先頭へ