バナナを食べて生活習慣病を予防しよう。バナナは高血圧予防にも効果のある食材です。1日一本のバナナが様々な疾患を予防します
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

バナナと高血圧

1日一本のバナナが、高血圧、糖尿病、高脂血症などの予防につながります

バナナには、良質の糖質、血圧を下げるカリウム、マグネシウムなどを豊富に含まれています。栄養面でも機能面でも、これほどすぐれた食べ物はなかなかありません。その生活習慣病予防の効果を紹介しましょう。

高血圧予防とバナナ効果

バナナ血圧が高くなる原因の一つに塩分(ナトリウム)の過剰摂取がありますが、バナナには、カリウムが多く含まれているため、ナトリウムと入れかわり、塩分排出を促して血圧を下げてくれます。このようにバナナには、高血圧の予防に効果があります。カリウムは野菜や果物、海草類などに含まれますが、バナナには特に多く、成人が1日に必要とする量を、1本食べるだけで補えます。また、バナナに豊富なマグネシウムにも、血管を広げて血圧を下げる働きがあります。

血糖値の安定

バナナには、血糖値を長時間一定に保つ効果があります。なぜかといいますと、バナナには、ブドウ糖、果糖、ショ糖という異なる3つの糖が含まれています。バナナを食べると、ブドウ糖、果糖、ショ糖が次々と絶え間なくエネルギーに変わっていくためです。

ブドウ糖

ブドウ糖は単糖類の一種で、糖類の中で最も早く体内に吸収され、エネルギーにす早く変化します。

果糖

果糖も単糖類の一種で、ブドウ糖の次に早くエネルギーに変わります。

ショ糖

ショ糖は、ブドウ糖と果糖が組み合わさった二糖類で、体の中でゆっくりと分解され、ブドウ糖と果糖になってから代謝されます。

コレステロールの低下

バナナを食べると、コレステロールの多いものを食べても、体内に吸収されにくくなるため、コレステロールを低下させます。これは、バナナに多く含まれている食物繊維の効果で、バナナの食物繊維は消化されにくく、ほとんどは吸収されずに腸を通り抜け、食物繊維は腸にある過剰なコレステロールをとり込んで、体外に便とともに排出してくれるためです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ