入浴と高血圧

入浴入浴は、お湯が40℃以下の適温、室温が20℃以上であれば血圧はほとんど上がらないと言われていますが、高温の湯に入ると血圧も心拍数も上がり、心筋梗塞や脳卒中を起こしやすくなるので注意が必要になります。入浴で注意が必要な点には、湯の温度のほか、季節による入浴前後の温度変化があります。冬の寒い脱衣所で衣服を脱ぐと、血管が収縮して血圧は上がります。浴室が寒いときも同様です。そのあとで、熱い温度の湯に入ると熱い湯と室温との温度差があると血圧が上昇しますが、適切に入ればリラックス効果もあるので血圧のコントロールに有効です。さが刺激になり、血圧は一段と上がります。さらに湯につかっていると、血管が拡張するので、血圧は下がります。入浴後にめまいを起こすことがあるのは、この血圧低下のためです。血圧の変化が大きいほど脳卒中や心筋梗塞を招きやすくなりますので、特に血圧の高い人は気をつけましょう。

高血圧とお風呂の温度について

高温の湯は血圧を急上昇させるので、お風呂の温度を38~40℃にします。お風呂に入る時に、ぬるめの湯であれば、血管が拡張しても血圧は徐々に下がっていきます。熱いお風呂に入りたい人は、最初にお湯をぬるめにし、追いだきで徐々に温度を上げていくようにすれば、急な血圧上昇を避けることができますが、42℃以上だと血栓ができやすくなるので要注意です。冬場は脱衣所や浴室を暖かくしておくことも大切です。脱衣所専用のヒーターを置いたり、浴槽のふたを開けて湯気で暖めておくのもよいでしょう。血栓ができるのを防ぐため、入浴前後に水分を十分にとることも大切です。

入浴によってなぜ死亡に至るのか?

高血圧の方は、入浴直後に血圧はさらに上昇し、浴槽につかるとその後は急激に血圧が下降していきます。約7分くらい浴槽につかっている間に血圧は平均して200mmHgから140mmHgくらいまで一気に50mmHgほど下降しています。たった5~10分くらいの入浴中にこのような大きな血圧変動が起きているのですが、脳卒中や心筋梗塞は、生体がこのような血圧変動に対応することができないことによって発生するのです。すなわち、入浴直後の血圧が急上昇する際に脳出血が起こりやすくなり、その後の血圧急降下の際に心筋梗塞、脳梗塞などが発生すると考えられます。特にお酒を飲んだ直後に入浴すると、入浴中の血圧はさらに下がりやすくなり、心臓や脳への血流が減少しやすく大変危険な状態となります。このような血圧変化はお湯の温度が42℃を超えるとさらに大きくなり、事故も起こりやすくなります。また晩酌後の入浴事故は入浴中にうとうとと眠ってしまい、おぼれてしまう場合もあります。

高血圧の人の入浴の注意

1
冬場は脱衣所や浴室をあらかじめ温めておく
2
浴室がまだ温まっていない一番風呂をさける
3
浴槽はなるべく浅めにするか,水位を下げ,肩から上はお湯につけない半身浴とする
4
お湯の温度は420Cを超えないようにする.入浴時間は短めにする
5
冷たいタオルを頭にのせておき,湯のぼせを防ぐ
6
体調のわるいときには入浴をさける.とくに飲酒後,食事直後の入浴はさける
7
出浴後はコップ1杯の水分を補給する

入浴中から出浴後の事故はこのような血圧の変化だけではなく,温熱によって体内の水分が減るために血液が固まりやすくなることも原因となりますので,お風呂から上がったあとはコップ1杯の水を飲んで水分を補うことが大切です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ