青魚に含まれるEPA、DHAは高血圧予防に効果のある脂肪酸です
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

青魚(EPA、DHA)効果と効能【高血圧症状と原因】

EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA (ドコサヘキサエン酸)とは、多価不飽和脂肪酸と呼ばれる油の一種です

サプリメントを飲むEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA (ドコサヘキサエン酸)とは、多価不飽和脂肪酸と呼ばれる油の一種で魚に豊富に含まれている脂肪酸です。脂肪酸が体内に取り込まれる事により、生理活性物質(プロスタグランディン、トロンボキサン)が作られ、この生理活性物質が、血液を固まりやすくしたり、固まりにくくしたりする重要な働きをしています。生理活性物質が血液を固める方向に働くか、それとも固まりにくくする方向に働くかは、材料となる脂肪酸の種類によって決まりますが、EPAやDHAからできる生理活性物質は、全体として、血小板の凝集を抑制する働きがあるため、血液をサラサラする働きをします。このため、EPAやDHAが血液中にふえることは、心筋梗塞や脳梗塞など、血栓症の予防に非常に有効であるとされているのです。生理活性物質にはもう一つ、重要な働きに、血管を拡張したり収縮させたりする働きがあります。EPAやDHAからできる生理活性物質は血管を拡張する方向に作用しますから、魚を食べてEPAやDHAを摂取することは、高血圧の人にとっても望ましいことだといえるでしょう。

EPA、DHAが多く含まれる食材

EPAやDHAは、イワシ、サンマ、サバ、アジなどの青魚に特に多く含まれている脂肪酸です。一般にうまみが増す旬の時期には、うまみ成分と共に脂肪含有量もふえます。そして値段も安価です。旬の新鮮で、かつ安くておいしい魚貝類を選んで食べることが、健康の秘訣です。青魚を積極的に食べることにより、血栓症や高血圧の予防につながります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ