カルシウム拮抗薬(高血圧降圧薬)の効果効能について【高血圧症状と原因】
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

カルシウム拮抗薬(高血圧降圧薬)

カルシウム拮抗薬とは、平滑筋細胞にカルシウムが流れ込むルートをブロックし、血管の収縮をやわらげて血液の流れをスムーズにする降圧剤です。これは、心臓、あるいは細動脈の収縮には、カルシウムが関係しており、血管壁を構成している平滑筋細胞の中にカルシウムが増えると、収縮が強まってしまうためです。

カルシウム括抗薬のおもな副作用

顔がほてる/頭痛/頭重/動博などを招くことがあります。カルシウム括抗薬を急に飲まなくなると、リバウンド現象が起こりやすい薬です。

カルシウム括抗薬の種類

 

一般名  商品名
ニフェジピン アダラートCR,アダラート
ベシル酸アムロジピン ノルバスク、アムロジン
塩酸エホニジピン ランデル
塩酸ニカルジピン ペルジピン、ペルジピンLA

塩酸バルニジピン

ヒポカ

塩酸マニジピン

カルスロット

塩酸ジルチアゼム

ヘルベッサーR

ニルバジピン

ニバジール、ニルジラート
フェロジピン スプレンジール、ムノバール

カルシウム拮抗薬は、もともと狭心症の治療薬として用いられていた薬のため、脳や心臓、腎臓などに合併症がある人、高齢者、糖尿病や高脂血症の人でも安心して服用することができる降圧剤です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ