心不全の症状や特徴について。心不全は高血圧の合併症です
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

心不全【高血圧合併症】

心不全は狭心症や心筋梗塞をはじめとする心臓病、高血圧などによって心臓の収縮力が弱まることにより、からだが必要とする量の血液を送り出せなくなった状態をいいます

ハート冠状動脈の老化や様々な疾患により心臓の拍動をうまくコントロールできなくなると、やがて不整脈や心不全などを招く原因になります。高血圧でいつも高い圧力がかかっていたり、高脂血症や糖尿病によって脂質やブドウ糖をたくさん含んだ血液が流れ続けていると、血管の壁は硬くなって厚みを増し、血液の通り道を狭めたり、壁の一部が膨らんだり(動脈痛)バイパス(迂回路)がつくられたりすることもあります。血液の流れがとどこおって心筋(心臓の筋肉)が酸素不足におちいると、狭心症や心筋梗塞を引き起こすのです。血液の流れが悪くなると、めぐりをうながすために心臓の拍動が強まり、やがて心筋は厚みを増して心肥大を招きます。心肥大によって心臓が十分に拡張できなくなれば、心不全に至ります。血液(静脈血)の流れがさまたげられて、組織の中にたまることを「うっ血」といいますが、うっ血は、大動脈に血液を送り出す左心室のポンプカが弱まったり、その手前に位置する左心房や肺静脈にうっ血を招き、肺に血液を送る右心室のポンプ機能が衰えると、右心房や体静脈にうっ血が生じます。

左心不全の症状

肺にうっ血が起こるため、二酸化炭素を放出したり、酸素を取り込むことがうまくできなくなります。そのため脈のペースが速くなる頻脈、動悼、息切れなどがあらわれ、悪化すると呼吸困難やチアノーゼ、肺に水がたまる肺水腫などを招きます。

右心不全の症状

迂心不全の症状には、疲れやすい、水分による体重の増加、あしのむくみ、おなかの張りや食欲不振、進行すると全身のむくみ、腹水などを生じます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ