高血圧合併症について。高血圧は様々な合併症を伴う疾患です。
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

高血圧の合併症

脳出血

脳の細かい動脈が硬化してもろくなり、高血圧のために破れて出血し、あふれた血液が脳細胞を圧迫する疾患です。症状は、意識を急に失ったり、体の左右が動かなくなったりする発作がおこります。

脳梗塞

脳の動脈に血管のかたまりが詰まる疾患です。症状は、血液が届かなくなった部分の脳細胞が死んでしまい、体の左右のどちらかが突然マヒしたり、視野がせまくなったり、言葉がもつれたりします。

心筋梗塞

冠状動脈の硬化がすすみ、血流が長時間途絶えたために、詰まった先の心臓の筋肉が死んでしまう疾患です。症状は、胸の痛みや呼吸困難が長時間続き、死亡の可能性も高い。

眼底出血

目の奥にある光を感じる部分の動脈が破れて出血する疾患です。最悪、失明の可能性があります。

くも膜下出血

脳の動脈にできたコブが動脈硬化や高血圧が原因で破裂して、軽膜(脳を包む膜)とくも膜の間に出血がおこる疾患です。症状は、吐き気、嘔吐、激しい頭痛、意識をうしなうなどです。

狭心症

心臓の筋肉に酸素と栄養を送る冠状動脈が動脈硬化を起こしてしまい、血液の流れが悪くなり、心臓の動きが一時的に不調を起こす疾患です。症状は、胸が圧迫されるような痛み、呼吸不全などです。

心肥大

高血圧が続くと、心臓の壁を作っている筋肉が厚くなり、心臓全体が大きくなる疾患です。症状は、心臓のポンプ作用が弱り心不全にいたるなどです。

腎不全

肝臓の動脈硬化により、肝臓の機能低下から起こる疾患です。症状は、たんぱく尿や血尿などです。最悪心不全などをおこします。

スポンサードリンク

ページの先頭へ