利尿薬(高血圧降圧薬)の効果と効能について【高血圧症状と原因】
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

利尿薬(高血圧降圧薬)

利尿薬とは尿がよく出るようにする薬のことで、以前から降圧薬として広く用いられてきた薬です

塩分をとりすぎて血液中にナトリウムが増えると、体液に含まれるナトリウムの濃度を一定に保とうとして、からだは水分を取り込みます。このため、体内をめぐる血液の量が増えて血圧が高くなります。
利尿薬は、腎臓にはたらきかけて血液中の余分な水分とナトリウムを尿として体外に出す効果があり(これを「利尿」といいます)、からだをめぐる血液の量を減らして血圧を下げるのです。血圧を下げる力はそれほど強くありませんが、1日に1回飲むだけで、おだやかに効き目が出てきます。重い副作用もみられません。

利尿薬の副作用

高血糖/高尿酸血症/高脂血症

利尿薬の種類

 

分類 一般名  商品名
サイアザイド系利尿薬

 

インダパミド テナキシル、ナトリックス
クロルタリドン ハイグロトン
トリクロルメチアジド アニスタジン、フルイトラン
トリパミド ノルモナール

ヒドロクロロチアジド

ダイクkロトライド、ニュートライド

ベンチルヒドロクロロチアジド

ベハイド
メフルシド エスカロン、バイカロン
ループ利尿薬 フロセミド オイテンシン、ラシックス
カリウム保持性利尿薬 スピロンラクトン アルダクトンA、アルマトール
トリアムテレン ジウテレン、トリテレン

スポンサードリンク

ページの先頭へ