高血圧性眼底、高血圧性網膜症などの合併症について。高血圧が原因で起こる目の変化
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

高血圧性眼底、高血圧性網膜症【高血圧合併症】

高血圧が原因で現れる眼底の変化には、①高血圧性眼底 ②高血圧性網膜症 
③血中反射の亢進 ④動静脈交叉現象の四つがあります

①高血圧性眼底

網膜の細動脈が、血液の流れによる圧力が刺激となってけいれん(収縮)を起こし、ところどころが、あるいは全体的に、細くなったりくびれたりします。まだ変化の程度が軽い状態です。

②高血圧性網膜症

高血圧が進むと、網膜の出血、綿のかたまりのように見える白い斑点や白いまだら、むくみなどがあらわれます。次に、動脈硬化による変化についてみていきましょう。網膜動脈に長い間、高い血圧がかかっていると、血管壁は弾力性を失い、硬くなってきます。

③血柱反射の亢進

血管に照明をあてたときに、光を反射する部分の幅が太くなります。血柱反射の幅を測れば、動脈硬化の進み具合が判断できます。さらに進行すると、網膜動脈の色が濁って銅線や銀線のように見えることもあります。

④動静脈交叉現象

網膜を走る動脈と静脈はもともと透明で、その中を流れる血液が赤いすじのように見えます。しかし、動脈硬化が起こると血管壁が厚みを増し、静脈と交差する部分では、下を通っている静脈が途中でさえぎられたように見えます。

目の合併症があるときは

高血圧性網膜症や網膜動脈硬化症を起こしていても、視力が低下する、ものが見えにくくなるといった症状が出ることはありません。ですから、目の自覚症状で高血圧に気づくというケースはなかなかないでしょう。ただし、さらに進行して網膜中心動脈閉塞症や網膜中心静脈分枝閉塞症、眼底出血(網膜剥離)といった目の病気が生じると、視力のトラブルを招きかねません。もし、眼底検査で網膜動脈硬化症が確認されたときは、脳や心臓、腎臓など、直接目で見ることのできない部分の細動脈でも、同じように動脈硬化が起きていると考えられます。高血圧の治療を徹底して、動脈硬化の危険因子を取り除くことが大切です。まだ網膜動脈硬化が生じていないときには、血圧を下げることによって、網膜の血管の変化はもとの状態に戻ります。

網膜にできる新生血管

高血圧を放っておくと、網膜の中に血液の流れにくい部分ができることがあります。すると、血液を流れにくい部位に届けようと、新生血管という新たな血管が生じてきます。新生血管は非常に弱く、破れて出血しやすい血管です。これを増殖網膜症といいます。
以前は、高血圧が増殖網膜症を招き、失明するケースもみられましたが、降庄薬による血圧のコントロールが普及している現在では稀です。ただし、糖尿病による網膜症は、増殖網膜症に進みかねないので、十分な注意が必要です。新生血管と出血を予防するためには、レーザー光凝固術が有効です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ