遺伝性高血圧の対策と原因について。高血圧は遺伝しません。遺伝するのは、高血圧になりやすい体質になります
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

遺伝性の高血圧

高血圧の体質遺伝について

両親とも高血圧の人で約50%、父親か母親のどちらかが高血圧の人で約25%の人が高血圧になるといわれています

高血圧は遺伝による体質的なものだからと、高血圧に対して放置していると、遺伝歴のない人に比べて若いうちから高血圧になってしまいます。事実、両親とも高血圧の人では約50%、父親か母親のどちらかが高血圧の人の場合には、約25%の人が高血圧になるといわれています。遺伝しやすいのは、高血圧そのものではなく、高血圧になりやすい体質ですから、両親のどちらかが高血圧の場合、高血圧になりやす体質だと認識をし、日々のライフスタイルから見直しをする必要があります。ストレスの多い生活、塩分のとりすぎ、食べすぎ・飲みすぎによる肥満、運動不足が重なると、より早い時期から高血圧になってしまいます。遺伝そのものは操作することはできないのですが、適当な時期から血圧を良好にコントロールすることができれば、高血圧による血管障害の多くは未然に防ぐことができます。高血圧は遺伝だからと悲観的になったり、いつか血圧も下がってよくなるというように楽観的にかまえて、何もせずにいると、気が付いたときには取り返しがつかない状態になってしまっているかもしれません。血管障害が起きないように、早め早めにライフスタイルを見直すことが大事です。

体質遺伝と対策について

高血圧は遺伝的因子と環境因子が、複雑にかかわり合いながら起こります

20代女性20~30歳代の若いうちから血圧が高めになる人の多くは、体質の影響を強く受けているようです。とくに若い人で血圧が高めのとき、医師は、両親や兄弟姉妹に高血圧の人がいるかどうかをまず確かめます。両親のどちらか一方でも40歳くらいで高血圧になっている場合、その体質を受け継いだ子どもも、ほぼ同年代で血圧が高くなる傾向がみられます。高血圧そのものが遺伝するのではなく、高血圧になりやすい体質が受け継がれるのですから、ほかの誘因を取り除いていけば危険度はグンと下がります。親子なら、いろいろなことが似てくるのはあたりまえかもしれません。体質だけでなく、たとえば食事や味の好みなども似ている部分が多いのではないでしょうか。食卓に、母親の味つけによる塩辛い食べ物が沢山出てくる家庭で育つと、だんだんと塩分を舌で感じる感受性が鈍り、濃い味つけを好むようになります。性格も、親とよく似ていることが少なくないでしょう。精神的ストレスをため込みやすいA型行動パターンのような高血圧の誘因を受け継いでいるかもしれません。むしろこうした理由のほうが、大きく影響しているかもしれないのです。とすれば、日常生活を見直すことで、高血圧は十分に遠ざけられます。たとえ血圧が高めになってきても、末病のままですごせるのです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ