漢方、東洋医学と高血圧について。漢方を上手に利用して、高血圧を解消しよう。
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

漢方・東洋医学と高血圧

漢方薬と西洋薬では、効き方が異なります。漢方薬は、高血圧に伴う肩こり、のぼせ、めまい、頭痛、冷え症などの症状を抑えるために用いられます。これに伴って血圧が下がることもありますが、血圧を下げることを目的とした漢方薬はありません。かなり血圧が高い場合は、西洋薬が必要です。また、現在服用している降庄薬を漢方薬で代替することはできません。漢方薬での治療は、本態性高血圧と呼王国血葦∵一が対象です。内分泌疾患自分の体質(証)に合った処方をしてもらえるのが漢方医学の利点。ただし、血圧低下作用はないので降圧薬の代替はできないと心得て。による高血圧や心臓の病気などがある場合は、漢方薬治療の対象にはなりません。漢方薬の効果の表れ方は一人一人ことなり、処方の仕方も体格、自覚症状などによって違うので、必ず主治医や薬剤師に相談したうえで使用してください。漢方薬は、患者さんそれぞれの状態を考慮してどの漢方薬を処方するかを決めます。

漢方薬の種類

当帰四逆加呉朱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

手足の冷えや下半身に冷えを感じる虚弱体質の人に向きます。とくに下半身の冷えにともなって、月経(生理)痛や、下腹部痛、腰痛、頭痛などがあって、だるくてつらい場合にも効果がある冷え性の第1選択薬

当帰芍薬散(とうきしょくやくさん)

全体的に筋肉がついていない虚弱ぎみの体質で、手足が冷たく、月経不順や月経痛などの女性ホルモンのトラブルがある人に向きます。だるさや疲れがなかなかとれず、頭痛やめまいがあるようなタイプにも。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

手足が冷えたり、ほてったりするタイプに効果大。だるさや疲れがひどくて、のぼせることもあり、口が渇きやすい人、夜になると何度もトイレに起きるような人にも。若い世代より、更年期の人向き。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

どちらかというと虚弱の冷え症で、冷え以外にも、イライラや動樺、めまい、不安感、不眠など、自律神経の症状があれこれうつりかわり、不定愁訴を訴える人。また、それにともない月経不順がある人に向きます。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

冷えと共に、のぼせやめまい、肩こり、月経不調、月経痛などがみられる人向けです。このタイプは、体型ががっちりしていて、体力も十分あり、赤ら顔が特徴です。子宮内膜症の治療薬としても使われます。

温経湯(うんけいとう)

手足に冷えだけでなくほてりがある人や、足や腰に強い冷えを感じる人、冷えやほてりにともなって月経不順や月経痛がある人にも向きます。また、ストレスなどで不眠状態の人の神経を落ち着かせる効果もあります。

五苓散(ごれいさん)

利尿作用がある漢方薬で、むくみが強い人に向いています。口の渇きがあり、尿の量が少ない人にもおすすめです。また、二日酔いの頭痛や吐き気、むくみにも効果があります

防已黄耆(ぼういおうぎとう)

ぽっちゃりした、色白の水太りタイプの人で、冷えとむくみが同時にあり、疲れやすい人に向いています。とくに下半身のむくみがひどかったり、むくみによって下半身の関節痛が起こりやすい人におすすめ。

真武湯(しんぶとう)

全身に冷えを感じやすく、むくみを伴う人、体力がなく、胃腸が弱い虚弱体質で、すぐ下痢や腹痛を起こしてしまう人に向いています。いつもめまいやふらつきを起こしてしまう人にも。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

胃腸の働きを整えて、内側を立て直す漢方薬。虚弱体質や病後で、胃腸の働きが弱く、すぐおなかをこわしてしまう人、食欲がわかない人の冷えの改善に。疲れると、すぐに微熱が出てしまうような人にも。

六君子湯(りっくんしとう)

胃腸の働きが弱く、みぞおちにつかえた感じがあり、食欲がわかない人の冷えに。栄養不足によって貧血ぎみになり、手足に冷えを感じている人、疲れやすく、すぐに全身にだるさを感じてしまう人にも。

人参湯(にんじんとう)

胃腸に直接働きかける作用のある漢方薬です。もともと虚弱体質だったり、体力が低下してしまっていて、胃腸が弱り、ものが食べられない人や、胃もたれがあるような人に向いています。

人参養栄湯(にんじんようえいとう)

病後や術後などで、ひどく体力が落ちてしまっていて、食欲がわかず、栄養不足や貧血から、強い手足の冷えをともなう人にむいています。慢性的に微熱や悪寒を伴う人にも処方されます。

防風道聖散(ぼうふうつうしょうさん)

代謝が悪く、お腹まわりに皮下脂肪がたくさんついていて、便秘をしやすい人に向いています。このタイプは、比較的体力はあり、冷えだけでなく、のぼせをともなうことが多いのが特徴です。

五積散(ごしゃくさん)

下半身は冷えているのに、上半身はほてるようなタイプに。腰痛や神経痛をともなっていて、部分的な冷えを感じる人、月経不順や月経痛がある人にも。慢性化してしまったこれらの不調に効果があります。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

がっちりした体格で、体力も十分。でも、冷えと同時に、のぼせや便秘があるような人に向いています。また、月経不順や月経痛があったり、頭痛やめまい、不安感などをともなうケースにも効果があります。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

神経質で細かいことを気にしやすい、心身ともに疲れやすいタイプの人の冷えに向きます。ストレスから乱れた自律神経を整えてくれます。気のめぐりをよくして、リラックスさせる効果があります。

抑肝散(よくかんさん)

もともと子供の疳の虫に使われている漢方薬です。リラックス効果が高く、情緒安定の為に使われています。精神が高ぶりやすい人、PMSのイライラがある人、ストレスから不眠に陥っている人の冷えに向いています。

漢方薬と副作用

漢方薬は副作用がないと思っている人がいるようですが、これは間違っています。効き方はおだやかで西洋薬のような重大な副作用が起こることはありませんが、下痢や腹痛を起こす場合もあります。また、病気がある人や妊娠・授乳中の人には使えない漢方薬もあります。使用するときは必ず主治医に相談することが大切です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ