高血圧診断基準(治療ガイドライン)や高血圧の基準について
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

高血圧の診断基準

高血圧とは、収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mm以上の状態

治療ガイドライン

ガイドラインを調べる高血圧の治療は、日本高血圧学会が作成した治療ガイドラインをもとに行われています。

診断基準によると、正常血圧は収縮期血圧(上の血圧)が130mHg未満、拡張期血圧(下の血圧)が85mmHg未満です。

理想的な血圧(至適血圧)は、120/80mmHg未満と定められています

正常高値血圧という新しい分類

正常高値血圧とは、新しい高血圧基準が出来たことにより、改定前は正常血圧とされてきた方が新しい基準で正常値を超えてしまう人の事を言います。

改定前に正常血圧とされてきた基準は、収縮期血圧が140mmHg未満、拡張期血圧が90mmHg未満ですから、新しい診断基準では正常値を超えてしまう人が出てきます。
このようなケースでは【正常高値血圧】という分類に分けられます。

正常高値血圧は、高血圧とはいえませんが、
高血圧はもともと正常か異常かというように分けてとらえるべき疾患ではないため、
食事や運動などの生活習慣に注意して、血圧をさらに上げないようにする努力が必要です。

高血圧の場合、数カ月から数年という長い期間で血圧の変化を見れば、血圧は徐々に上がっていきます。
142/92mmHgならば高血圧と診断されるわけですが、138/88mmHgなら大丈夫ということでもありません。

分類 収縮期血圧   拡張期血圧
至適血圧 <120  and <80
 正常血圧 <130  and <85
正常高血圧 130~139  or 85~89
軽症高血圧  140~159   or  90~99 
中等症高血圧 160~179  or 100~109
重症高血圧 ≧180  or ≧110
収縮期高血圧 ≧140 and <90

脳血管障害や心疾患などを予防する観点から、正常とされる血圧は、以前に用いられていた基準値(WHO/ISHが1996年に定めた診断基準)より低くなっています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ