心筋梗塞の原因や症状などについて。心筋梗塞は高血圧の合併症です
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

心筋梗塞【高血圧合併症】

心筋梗塞は、冠状動脈の一部で血液の流れがとまり、まわりの心筋が酸素不足で壊死し、回復できなくなった状態

心筋梗塞を起こしてすぐに症状を招くのが急性心筋梗塞(心臓発作)です。日本人の死亡原因となっている病気の第2位は心臓病(心疾患)ですが、その多くを急性心筋梗塞が占めているのです。

急性心筋梗塞の症状

急性心筋梗塞では、突然、胸の中央部に激痛があらわれます。狭心症とは違って発作は20分以上続き、数時間におよぶこともめずらしくありません。その痛みはよく「しめつけられるような」と表現され、からだのほかの部位に広がっていく場合も多いようです。強い不快感をともない、冷や汗が出て、顔は真っ青になります。ただし、高齢者や糖尿病のある人では、胸痛がひじょうに弱いケースもみられます。時間がたつにしたがって、不整脈や呼吸困難といった心不全の症状があらわれてきますが、これはひじょうに危険な段階です。

心筋梗塞の原因

最大の原因は、冠状動脈のアテローム硬化です。血栓(血液のかたまり)がつくられ、それが冠状動脈につまって血液の流れをとだえさせてしまうと、心筋梗塞を招きます。高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満、喫煙、加齢(65歳以上)、体質(遺伝的素因)、腎不全などが危険因子としてあげられます。肉体的・精神的ストレスも心臓に大きな負担をかけるもの。また、寒さや気候の変化(低気圧)、食べすぎなどが心筋梗塞の発作の引き金になることもあるのです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ