玉ねぎの効果により血液サラサラ効果が期待できます。玉ねぎじょうずに摂取して日々の健康に役立てましょう
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

たまねぎと高血圧

玉ねぎの刺激成分には血管や血液を綺麗にする効果があります

たまねぎ玉ねぎを刻むと、目がいたくなり涙が出てくるとおもいますが、これは、イソアリインという成分が、酵素によって催涙性の物質スルフエン酸に変化、さらに【チオスルフイネート】という硫化成分に変化した事が原因です。玉ねぎに含まれる【チオスルフイネート】には、強い血栓予防作用があります。血栓予防作用とは、血液をサラサラにして血管が詰まるのを防ぐ働きです。もともと血液には、固まる性質があるのですが、コレステロールや中性脂肪がふえると血液はドロドロになり、よりいっそう固まりやすくなります。すると、血のかたまり(血栓)ができ、血管が詰まって心筋梗塞や脳梗塞などを起こしやすくなるわけです。こうした病気を予防するには、血液をサラサラにしてくれるタマネギは強い味方といえます。タマネギに含まれる含硫化合物は、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールをふやしてくれます。

玉ねぎが血圧を下げる

玉ねぎには血圧そのものを下げる作用もあります。玉ねぎが血圧を下げるのは、体の様々な機能を調整する一種のホルモン群、プロスタグランディン様の成分がタマネギには含まれ、その成分により血圧が低下する事が分かっています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ