狭心症の原因や症状などについて。狭心症は高血圧の合併症です
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

狭心症【高血圧合併症】

狭心症とは、心筋(心臓の筋肉)が一時的な酸素不足におちいる疾患です

頭がぐるぐる
狭心症がおきるのは、心臓の筋肉の酸素不足が原因でうまく収縮できなくなり、拍動のトラブルが原因です。この狭心症の症状は、胸をしめつけられるような痛みや圧迫感が数十秒から十五分ほどおこる事です。
狭心症は、発作時の心電図により診断します。たとえ胸の痛みがすっかり消えていて心電図に変化がなくても、胸痛の特徴やあらわれ方などから狭心症と推察できます。

労作性狭心症

冠状動脈にアテロームができると、血液の通り道が狭くなります。このため血液の流れがとどこおり、階段を上ったり、重い荷物をもったり、急いで歩いたりからだが沢山の血液を必要とするとき、心筋に酸素不足が生じる事により起こる狭心症。

安静時狭心症

冠状動脈にスパスムが起こると、急に血液の通り道が狭くなって心筋が酸素不足におちいり、夜間の眠っているときに起こりやすい狭心症。

不安定狭心症

胸の痛みが強さを増す、発作が15分以上続くといった場合は、心筋梗塞へ進む危険がひじょうに高い狭心症。

狭心症への対応

発作を防ぎ、そして心筋梗塞への進行を食いとめるため、薬物療法が行われます。発作時には、安静と酸素投与が効果的ですが、必要に応じてニトログリセリンなどの硝酸薬を用います。また、冠状動脈バイパス手術(CABG)という外科的治療も普及しています。睡眠不足や過労、強いストレス、喫煙、飲酒、肥満といった危険因子を減らすこと、そして高血圧、高脂血症、糖尿病などのコントロールも狭心症を防ぐために大切です。

※スパスムとは、血管がなんらかの理由で敏感になっていて、強く収縮する【れん縮現象】の事いいます
※アテロームとは、脂肪が皮下に入り込んで出来る、おかゆのような腫瘍の事をいいます。

スポンサードリンク

ページの先頭へ