高血圧の合併症である腎不全の原因や症状について解説
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

腎不全【高血圧合併症】

腎臓の働き

腎臓は体液をきれいにするという重要な役目を担っていて、腎動脈を通って送られてきた血液から余分な水分、不要物をくみ取り、尿として体外に出しています。腎臓のはたらきによって、体液中の水分、ナトリウムやカルシウムといった電解質、pH(酸性とアルカリ性)などのバランスが一定に保たれているのです。

腎不全とは

腎不全は、なんらかの理由で腎臓のはたらきが極端に弱まった状態、急性のものと慢性のものに分けられます。腎不全を招かないためには血圧のコントロールやタンパク質の制限を徹底したうえで、原因となる病気の治療を続ける事が大切です

急性腎不全

急性腎不全は急激に、そして一時的に生じるケースで、原因が取り除かれると腎臓のはたらきはもとに戻ります。急に体液のバランスが乱れるので、尿量が減ったり、むくみや不整脈、肺水腫、心不全などを招くことがあります。

原因

多量の出血、脱水、心不全、敗血症、急性腎炎、腎血管障害、尿路閉塞などが原因です

慢性腎不全

一方、慢性腎不全は、長い年月をかけて少しずつ進むケースで、腎臓のはたらきはほとんど回復しません。からだの中に余分な水分、不要物がたまってきて、尿毒症、肺水腫、心不全といった病気につながりかねません。

原因

慢性賢炎、糖尿病性腎症、腎硬化症、膿胞腎などが原因です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ