心筋梗塞の原因や症状などについて。心筋梗塞は高血圧の合併症です
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

腎硬化症【高血圧合併症】

腎硬化症とは、高血圧が長く続いていると、腎臓の中の細動脈にも、やがて動脈硬化が生じてきますが、細動脈硬化によって血液の通り道が狭まることにより、腎臓を流れる血液の量が減り、循環不全をおこし、徐々に腎臓そのものが縮んで弾力性が失われ腎臓の働きが弱まっていく疾患です。

腎硬化症のの症状

頭痛や肩こり、めまい、動悸といった症状を招くケースもみられますが、腎硬化症なかなか気づきにくく、また、症状があらわれないまま進行していく場合も少なくありません。
腎硬化症は、眼底検査や尿検査で発見されます。眼底に変化が起こっていたり、尿にたくさんのたんばく質が出ているのがわかり、そこから腎臓のトラブルが明らかになることが多いのです。

悪性腎硬化症

悪性腎硬化症とは、腎硬化症の悪性のタイプの疾患です。30~40歳代の男性に稀にみられ、急激に悪化するのが特徴で、激しい頭痛、眼底出血による視力の低下などを招いたり、心臓のはたらきも弱まります。

腎硬化症の治療について

高血圧の危険因子を取り除いていくことが、腎硬化症の進行を抑えることにつながります

腎硬化症は、長い間、高血圧が続いていることが、最大の原因です。また、腎臓の病気によって高血圧を招き(腎性高血圧)、さらにそれが腎硬化症を引き起こすという悪循環もみられます。
高血圧の治療が、腎硬化症の治療につながります。そのため腎臓の働きが少しずつ弱まってきても、むくみなどの症状があらわれていなければ特別な治療は必要ありません。むくみやたんばく尿といった症状があらわれているときは、血圧のコントロールを徹底し、食事からとるたんばく質の制限なども行われます。腎硬化症は「ゆっくりと進む」といっても、きちんと高血圧の治療を続けていなければ、やがて腎臓のはたらきはとても低下し、透析療法が必要になるところまで至りかねません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ