香辛料を上手に使って、塩分摂取を抑えましょう。高血圧を改善、予防するには減塩食が大切になります。味気ない料理には香辛料でアクセントをつけよう
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

香辛料と高血圧

高血圧や腎臓病などで塩分制限を受け食欲が出ない方は積極的に香辛料を使ってみよう

スパイス
トウガラシ、カラシ、ワサビ、コショウなどの香辛料は、刺激的なせいで体に悪いもの、特に病人は控えなければならないものと思われていますが、香辛料は普通の量を使う分には、体になんの害もありません。
香辛料を摂取することにより血圧が上昇するのは誤解です。しかしながら、とりすぎには当然、注意が必要です。


味気のない減塩食にメリハリをつける

高血圧のかたは、1日7g以下に、塩分を控えなければなりません。そのため、食事が味けないものになりがちです。そのために、なかなか塩分の制限量を守れず、困っているかたも多いと思います。そんなときは、食欲増進効果のある香辛料を上手に使い、料理のアクセントにしましょう。高血圧や腎臓病などで塩分制限を受け、どうにも食事がまずくて食欲が出ないというかたは、料理に積極的に香辛料を使ってみてください。

※香辛料の取りすぎは逆効果になることがあります。調味料として、常識的な量を取るようにしましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ