ストレス高血圧の関連性について。ストレスは様々な疾患の原因になっています。ストレスは溜め込まずに上手に接することが大切です
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

ストレスと高血圧

ストレスはさまざまな生活習慣病の誘因の一つです。当然、高血圧もストレスとは無縁ではいられません。また、高血圧自体がストレスとなって、さらに血圧を上げてしまうという悪循環におちいるケースもあります。

ストレス社会の弊害

うつ
現代社会は「ストレス社会」だといわれます。私たちが感じる精神的ストレスを数え上げれば、それこそきりがないでしょう。ある程度のストレスは、必要なものといえるかもしれません。
ストレスが私たちの心身を強くしていくのです。けれども、それが度を越したり、長く続くと、心身に悪影響をおよぼすことになります。
【ストレス】とはもともと、外から加わった力(ストレッサー)によって生じたゆがみをさす言葉ですが、現在では常的に、「精神的あるいは肉体的負荷により、こころとからだに不快感や、疲労感をもたらすこと」をさす言葉として用いられています。

ストレスが血圧を上げたり、高血圧を悪化させるの理由。

ストレスを受けると交感神経が緊張して、血圧を上げるホルモン(カテコールアミン)の分泌量が増えます。また、ストレスが【食塩感受性】を強めることも、高血圧を悪化させる理由の一つと考えられています。

A型行動パターンとストレス

A型の方は特にストレスに注意が必要です。どうしても几帳面でしっかりしているせいか、どうしてもストレスをため込んでしまいがちです。現実問題として、強いストレスを避けながら暮らしていくのは容易ではないでしょうが、ストレスをためこまないように、上手にストレス解消をする方法を身につけましょう。半身浴をしたり、アロマを炊いたり、旅行へいったり、ウォーキングをしたり、音楽を聴いたり、、、、。あなたに合ったストレス解消法が見つかるはずです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ