温度差高血圧の関係について。特に冬の季節は、血圧の変化が起こりやすいため注意が必要です
980.14黒線 太め.jpg

高血圧症状と原因

温度差と高血圧

夏場の冷房と外気の温度差や冬場の外気と暖房による温度差による血圧の変化に注意が必要です

血圧は夏に低く、冬は寒さが自律神経を刺激し、体温を逃さないために毛細血管を収縮させ、血圧が上がる特徴がありますが、これは心臓や血管が、体の状況に応じて収縮と弛緩を繰り返すことにより交感神経と副交感神経という自律神経が、血圧を調整しているためです。夏は冷房と外気の温度差、冬は外気と暖房による温度差による血圧の変化に注意が必要です。

冬の季節と高血圧

冬の脱衣場などの温度差の激しい場所は特に注意が必要です。毎年、心血管疾患による死亡率は冬に増加します。そのため高血圧の人は季節を問わず、温度変化や水分摂取に注意が必要になります。たとえば冬は室内と室外の温度差が大きいので、特に暖かい室内から室外に出るときは、血圧の変動を防ぐために十分な防寒を心がける必要があります。
特にトイレや脱衣所、浴室、廊下などは暖房をしていないことが多く、人のいる部屋との温度差が大きいので注意が必要です。

冬の高血圧対策

温度差による血圧の変化を抑えるために、温度差のあるトイレや脱衣所などに、マットや温熱ヒーターを置いたり、浴室を湯気であらかじめ暖めておいたりなどの対策が必要です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ